【顔にあるほくろで悩んでいるなら】ほくろ除去施術を受けよう

美しさを保つ治療の一つ

鏡を見る人

近年の治療方法

ほくろは、できる場所によってチャームポイントになりますが、気に入らない場所にできるとコンプレックスとなる場合が多いのも確かです。そのため、ストレスとなるコンプレックスを解消するため、ほくろを美容外科で取り除く方も近年では多くなっています。美容外科でほくろ除去を検討した際、どのような方法でおこなわれているか、誰でも不安になるのは当たり前のことです。現在の治療方法では、医療技術も格段と進歩したおかげでどの方法でも跡が残りにくく、キレイに取り除かれているので安心して治療を受けられます。治療方法の種類についてはレーザーによる照射がありますが、医療機器が常に進化を遂げているため、現在使われているレーザー機器なら傷跡を残さず出血も抑えて除去することができます。その一つである炭酸ガスレーザーでは、細胞の水分に反応して波長を出すため、ほくろとなっている部分ギリギリまでレーザーによって発散させて除去します。色素の内部まで入り込んで組織を分解するため、治療後は少しくぼんだ感じになりますが、2週間後に上皮化し1ヵ月から2ヵ月でキレイに完治する治療方法です。レーザー治療のもう一つにQクイックレーザーがあり、皮膚内部の原因となっているメラニン色素に反応して色素を破壊するため、周囲の正常な組織にはダメージを与えることなく、ほくろの組織だけを破壊していきます。シミやアザの治療にも導入する機器で、大きさや部位、深さを考慮して1回から5回程度照射しますが、ダウンタイムも少なく早めに除去することが可能です。レーザーを使わない一般的な除去方法としては、医療用の特殊道具とメスを使ったくり抜き法があり、ほくろの周辺よりわずかに大きく皮膚をくり抜き止血させて治していきます。自然治癒力の高い顔に適した方法で、直径5ミリから6ミリまでを対象にすることで再発することもなく、安全に除去できる治療方法です。顔以外の部分では切開縫合法を使う方法があります。麻酔後にメスを使って切開して除去し縫い合わせていきますが、レーザー治療やくり抜き法では届かない根が深いほくろにまで治療できる点が優れています。また、比較的根の浅いほくろでは凍結法を使った治療もおこなわれていて、マイナス200度に近い液体窒素をほくろにあてて凍結させ除去していきます。比較的簡単な方法なので誰でも気軽に施術が受けられることで評判です。ほくろの除去には、このような方法で治療がおこなわれていますが、美容外科よって治療方法が異なりますので病院で提供する治療方法を知った上で希望する方法で施術を受けられることをおすすめします。

Back to Top