【顔にあるほくろで悩んでいるなら】ほくろ除去施術を受けよう

顔の黒い点を消すために

女性

皮膚科やクリニックに通う

ほくろはシミよりも濃い、メラニン色素細胞の集合体です。一度、顔や身体に出来上がってしまうと、自力で取り去るのは至難の業と言えます。実際に美白化粧品やオールインワンゲルを毎日付けても消えないです。その理由は余りにもメラニン色素細胞が濃すぎる事と、皮膚がターンオーバーを繰り返しても対処できない問題があるからです。ほくろを除去したいなら皮膚科や美容整形外科、クリニックなどに行って、専門家に対処してもらう必要があります。その方がストレスも簡単に消せる上に、視覚的な不快感も減ります。仮に専門家にほくろを除去してもらう場合、発生する医療費は知っておくべきです。相場としては一回につき、およそ5000円から10000円あたりになりますが、かかる費用は場所によって変わります。ほくろ除去は保険が適応されるため、金銭的な負担は少ないはずです。皮膚科でもレーザーを用いて一瞬で消してくれますから、スキンケアで解決しようとするより楽と言えます。ほくろを除去したいと窓口、先生や伝えればスムーズに事が進み、施術も簡単に終わります。ほくろ治療は切除する、痛いというイメージを持たれがちですが、実際は痛みが少ない上で除去できる場合も否定できません。しかし、あくまで小さい「ほくろ」が対処ですから、大きい塊や病の疑いがあるできものに対しては対応が変わります。大きい塊はレーザーを用いて消す事が難しいです。あらかじめ先生からお断りされる可能性がありますが、照射しても残ってしまう、焦げたままで残存する恐れは否定できません。その場合は照射で除去するのではなく、切除という手段で対応されるでしょう。病院やクリニックでほくろ除去をお願いする場合、念のために血液検査をします。黒い塊や点がほくろとして形成されているのか、病によるできものなのか、判別させなければいけません。一概にはメラニン色素細胞の集合体とは言えず、他の物である可能性もあるでしょう。よって病院やクリニック側は血液検査をしたがります。何も問題がなかった場合、そのままほくろ除去を実行します。

Back to Top